人生色々あるさ!!

<   2006年 02月 ( 17 )   > この月の画像一覧

高校見学

今日はフロンティアに落ちたので名古屋にある第二希望の高校の見学に行きましたb

んで通うとしたら電車なんでとりあえず母と二人で電車に揺られ行く事に

んで電車に乗ったその時!!

太一とさとしぃが駅のホームをすたすたと!!

とまぁ書いてみたのゎいいものの

実際これと言って特別な事があったわけじゃないんだよねぇ・・・・

んで太一達の件ゎ軽く流して電車に揺られる事大体40分

それから地下鉄に乗って次の駅

それから地上に上がってすぐ!!のはずが

駅の内部が広い!!

大体ホームから目的の出口は200mはあると思うよ適当だけど(´・ω・`)

まぁ地上に上がってからは近いんだけどねぇ

んでどんな感じの学校か聞いて帰りました

感想は良さそうな感じ(ぁ

何か先生と生徒の交流も結構あるみたいだしね(´・ω・`)

でゎノ
[PR]
by sidenno | 2006-02-28 21:46 | リアル

連想バトン

明日のためにの「ヒデMAX」からバトンが回ってきました

今回のは前の言葉から連想したのを書いていくみたい

でゎ

森→癒し→清流→魚釣り→湾→船→長旅→世界一周→飛行船→高所恐怖症→閉所恐怖症→シャイニング→ダイヤモンド→永遠→平和→明日→夜→月明かり→魔性→猫→瞳→薬→三半規管→酔い→記憶→理性→初体験→18禁ゲーム→ハード→責め具→鬼畜攻め→恥→暴露→過去→10年後→潮時→海→川→流れ→残酷→文化→相互理解→壁→人→縁→大切→愛→家族→仲間→宝物→糧→萌え→スーツ→就職活動→春→出会いと別れ→アンダーグラフ→夢→はかなさ→コトバ→声

さて俺がこの「声」から連想した言葉は

「音」かな・・・・・

じゃぁ「アルス」任せた(ぁ
[PR]
by sidenno | 2006-02-27 22:58 | リアル

無題

今日は一回7時に起きて

新しい戦隊物と仮面ライダーカブトを見ようか寝ようか悩み結局寝ました(´・ω・`)

起きたら9時でまだ眠かったから寝ようか悩んだけど流石にねぇって感じで起きた

んでその後に前買ったディスガイア2をプレイ

前作に続いてハチャメチャ(ノ∀`*)

まぁそこが面白いんだけどねぇ(´・ω・`)

んで適当にやってて昼になってからT君が家に来て

適当にゲームの話しとかしてて

ちょっと暇になったからヒデMAXを呼びましたb

それでヒデMAXが持ってきたゾイドVS3を皆でやりましたb

最初は四人対戦をしてたんだけど

選べるゾイドが少なかったからヒデMAXを抜いて

T君と俺で一対一

ゾイドが沢山あって色々試してみた

結局あんまり勝てなかったけど(´・ω・`)

途中でT君が帰ってヒデMAXと今度は対戦

最初の方は全然勝てなくて

二人でゾイドをロードしずにモトモト選べるゾイドで遊んでたらなかなか勝てた(ノ∀`*)

まぁラスボスとか使えたしね(´・ω・`)

それでヒデMAXと二人で超大型(戦艦級?)を選択して

戯れてました(ノ∀`*)

それでヒデMAXが帰ったのでまたディスガイア2をプレイ

新しいキャラを作って主人公と同じぐらいのLvまで上げて止めました(´・ω・`)

その後アルスが書いている小説を読みました(´・ω・`)

何てか面白い(`・ω・´)

読んでいて続きが気になった

なんか書くのは気が向いたらけど

早めに書いてね(ぁ

でゎノ
[PR]
by sidenno | 2006-02-27 00:32 | リアル

無題2

実ゎ昨日携帯を買ってもらったんだけど

頭痛が酷くて全然設定とかしずに寝て

朝起きてメルアドとか適当に決めて

友達のメルアドとか登録してそれから携帯買ったって言うメールを送って遊んでて

今日(P・M9時)現在でメール30↑送ってる(ノ∀`*)

今日はさらわびの行事でスポンジテニスをしましたb

テニスゎ俺の得意分野b

最初はシングルスをして

10点マッチで五試合して取られた点ゎ合計17点(ノ∀`*)

もちろん優勝b

んで昼食をとってからダブルス

俺のペアの人は小学生だけどそれなりに強くて

これゎダブルスでも優勝できるんじゃないか!!と思ってしまう程(ノ∀`*)

まぁ人生甘くないから二回戦で負けたんだけどね(´・ω・`)

相手も一人小学生だったんだけど

結構サーブが強くてそれでペアの人がシングルスで何で優勝出来ないか不思議な位強い人で

結果10-9で敗退(´・ω・`)

もっと精進せねば・・・・・・

でゎノ
[PR]
by sidenno | 2006-02-23 20:50 | リアル

合格発表

今日ゎ待ちに待った(?)合格発表日でしたb

それで昼前ぐらいから学校に行って放課後の合格発表を待ってました

結果は・・・・・





























落ち━━━━(Д゚(○=(゚∀゚)=○)Д゚)━━━━━た!!!

ドマイ俺b

でゎノ
[PR]
by sidenno | 2006-02-22 17:41 | リアル

無題

今日さわらびの帰りに近くのバローに行ってゾイドバトルコロシアム(?)をやってきましたb

俺ゎもう欲しいカードが一枚何であんまりお金を使わずやってましたb

それでS君が一人用の方がやりたいって言って

皆で担当を作ってクリアしてましたb

担当ゎ俺がチャージ係り T君とS君が何を出すか考える(T君が9割方決めてた)

お金ゎ全てS君持ち(ノ∀`*)

それでもうすぐ出るだろうと言いつつ

全然出ずに結局千円使ってあんまりいいのじゃなかった(ノ∀`*)

それから帰るときにまたやったらしく

今回は四百円使って結構いいのが出たらしい(´・ノд・`) こっそり

でゎノ
[PR]
by sidenno | 2006-02-21 23:57 | リアル

(*゜ー^)/'`*:;,。・★悪魔召還☆・:.,;*(ΦwΦ;)Ψ

今日ゎ久しぶりにアルスと遊びましたb

でも俺ゎアルスの家に行く予定で居たら太一から電話があって

遊べるって?内容で

俺アルスと遊ぶけど?

って言ったら

ぇ今俺の横に居るよって・・・・・

エェッ!?(* □ )~~~~~~~~ ゜ ゜

何かアルスゎ何かあんまり遊ぶ気ゎ無かったみたい・・・・・

まぁ俺が何時もすっぽかしてるからだと思うから自業自得って感じかね

んで太一の家に行って遊んでたけど

最初の方はアルスと太一がジアビスやってて俺が観戦&ロックマンエクゼ6

ランクをアンノウンにしてラスボスに挑戦してて

HPゎ低いらしいけど防御力が高いから全然ダメージ出ないって嘆いてて

全滅(ノ∀`*)

流石にアンノウンゎ辛いみたい(´・ω・`)

んで全滅したらから近くの小学校に行ってノックとかして遊んでて

全然取れなかった(ノ∀`*)

地面が凸凹ってのも関係してるけど

全然やってなかったからかな(´・ω・`)

んで五時になったから帰って適当に太一の家でグダグダしてた(ノ∀`*)

でゎノ
[PR]
by sidenno | 2006-02-19 18:29 | リアル

30話

光の玉はライナスの店に向かっていた

そしてライナスの店の前に着いた瞬間光の玉は消えた

リリカは急いでライナスの店に入って助けを求めた

リリカ「ウィルが・・・ウィルが・・・」

ライナス「とりあえず落ち着け」

そう言いライナスはお茶を出してきた

リリカは深呼吸し落ち着いたライナスから出されたお茶は軽く無視し

リリカ「ウィルが死にそうなんだ助けてくれ」

落ち着いたリリカはそう言った落ち着いては居るが泣きそうだった

ライナス「店の外に居るのか?」

リリカ「あぁ」

ライナスはその言葉を聞き店の外に出た

そして倒れているウィルを店の奥へ運んでいった

ライナス「さてといっちょやりますか」

ライナスはウィルを魔方陣の上に乗せお腹に手を乗せた

そして詠唱し始めた

すると魔方陣が光始めウィルを優しく包んだ

その光が収まるとウィルの傷は治っていた

ライナス「まぁこんなもんか・・・一応傷はふさいだがまだ完全に治った訳じゃない」

ラルフ「絶対安静って事か」

ライナス「回復するまで俺の家に泊めとく」

リリカ「じゃ・じゃぁ私は家に帰るよ」

リリカはウィルが回復して喜んだがそれを隠し店を出ようとした

だがそれをライナスは止めた

ライナス「ちょっとその魔方陣の中心に行って君の潜在能力を引き出すから」

リリカはいまいち意味が分からなかったが

とりあえず言われた通りリリカは魔方陣の中心に行った

ライナス「んじゃぁやるか」

そして詠唱を始めた

魔方陣が光だしリリカを包んだ

やがて光が収まった

リリカ「おっなんか力がみなぎる感じがする」

ライナス「攻撃に魔法を乗せれるようにしたから」

リリカ「ありがとう」

そう言いリリカは店を後にした

続く
[PR]
by sidenno | 2006-02-10 20:54 | 小説

29話

ウィル「チッ!!なんだこいつ」

ラルフ「多分ガーディアンって奴だろ」

ラルフは冷静に言った

それを聞いたか聞かないかウィルはガーディアンに突っ込んでいった

そしてウィルはガーディアンの腕に斬りかかった

だがガーディアンはダメージを受けていないようだった

ウィル「クソ!!・・・・はぁぁぁぁぁああああ!!」

ウィルは力を溜めて剣に炎を宿しさらに力を溜めて剣の形を変化させた

変化した剣は燃えるような赤をした剣だった

そしてウィルはまたガーディアンに突っ込んでいった

一撃!!とは行かないもののダメージは確実に出ている

何度も攻撃してダメージを重ねていく

そしてウィルは大きく振りかぶり全体重を乗せて攻撃をした

その攻撃と同時にガーディアンも攻撃をしてきた

ウィルはガーディアンの攻撃をもろに受け吹き飛んだ

ガーディアンは倒せたがウィルは無事では済まなかった

ガーディアンの攻撃は予想以上に強力だった

しかも殴られた衝撃で前セヴィルに斬られた傷が開いてしまった

ウィルはその場に倒れこみ起き上がる気配は無かった

リリカ「おい大丈夫か」

リリカは急いでウィルの元へ行きヒールをかけた

多少は楽になったようだったがまだ立ち上がれる状態ではなかった

リリカ「だから無茶はするなと言ったんだ」

そう言ったリリカの顔は泣いていた

ラルフ「まったく・・・女を泣かせるなよ」

そう言ってラルフは光だした

リリカ「え?」

そしてその光はウィルやリリカを包み込んだ

光は球体となり遺跡の外へと向かっていった

光の玉は遺跡を出て街へと向かっていった

続く

ラルフすげぇな(ぁ
[PR]
by sidenno | 2006-02-09 18:28 | 小説

28話

ウィル「へぇこんなところに遺跡の入り口があるんだ」

ウィルは遺跡の入り口の前に立ち感心していた

リリカ「この遺跡は結構有名だぞまぁ入ったら二度と帰って来れないって意味でだがな」

ウィル「へぇ面白そうだなそれ」

ウィルは「二度とは帰って来れない」と言う発言を聞き嬉しそうだった

リリカ「ウィルって戦闘マニアなのか?」

ラルフ「んー強い奴と戦いたいって言ってたから戦闘マニアだろうな」

ラルフはリリカの問いに答えた

リリカは答えを聞き呆れていた

そのやり取りをしている間にウィルは遺跡の中に入っていった

リリカは急いでウィルの後を追った

ウィル「ここは遺跡じゃ・・・無いよな?」

ウィルの問いはもっともだった

遺跡に入るとそこは洞窟だった

光などなく闇が支配する世界

天井から水滴が垂れてきて恐怖をそそる場所だった

明かりが無いのでリリカは魔法で松明に火をつけた

リリカ「はい」

そう言ってリリカは松明をウィルに渡した

洞窟を照らしてみるとそこには階段があり地下へと続いていた

その階段を下りていくと大きな門のような扉があった

ウィルは松明をリリカに渡し扉を開いた

そして扉の先には遺跡が広がっていた

ウィル「ここの何処かに『魔の宝玉』があるんだな」

ウィルはそう言い物色するように歩き出した

そして遺跡の奥にひときわ大きな建物があった

ラルフ「多分この中だろうな」

リリカ「だろうな・・・」

ウィル「何でよ?」

ラルフ「そう言うもんなだんよ、行くぞ」

そう言ってリリカはその建物の中へ入っていった

建物の中には何やら捧げられているようだった

ラルフ「あれか」

そしてウィルは宝玉に手を伸ばし『魔の宝玉』を手に入れた

ウィルが『魔の宝玉』を手にした瞬間

建物の扉がしまった

そして何か大きな物が動き出した

動いたのはゴーレムの倍はある鎧だった

これが入ったら出られないって言う理由だろう

続く
[PR]
by sidenno | 2006-02-08 19:00 | 小説



リアルの事やらメイプルの事を気が向いたら書くっす     ぶりりあんと
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
紹介
メイプルストーリー

杏鯖でマッタリ活動中

メインのLvは108

職は鉾DK

とうとう念願のLv100だーー

ヾ(*ΦωΦ)ノ ヒャッホゥ

早く4次になりたいっす


これを見る際は文字サイズは

小でお願いします

そうそう何と見に来た人

7000人突破しましたぁ~

ヾ(*ΦωΦ)ノ ヒャッホゥ

2000人目ゎ俺b

荒しだと思われる

コメントがありましたら

無断でコメントを削除します

ご了承ください
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧